個人情報保護方針

株式会社坂川労務会計社 及び 坂川達志 税理士・社会保険労務士・行政書士事務所(以下、当事務所という)は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、税理士・社会保険労務士・行政書士業務に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令等を遵守して、個人情報を適正に取扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

当事務所は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当事務所の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

(1)個人情報の取得
当事務所は、業務上必要な範囲内かつ適法で公正な手段により個人情報を取得します。

(2)個人情報の利用目的
当事務所は、取得した個人情報を、税理士業務・社会保険労務士業務・行政書士業務の遂行に必要な範囲内で利用します。また、当事務所と提携する各士業及び企業が当該お客様に関する業務の遂行に必要な範囲においては、お客様の許可を得た上で、それぞれに個人情報を提供することがあります。それら以外の他の目的に利用することはいたしません。

(3)個人データの安全管理措置
当事務所は、取扱う個人データの漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備及び実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置をします。

(4)個人データの第三者への提供
当事務所は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。

①法令に基づく場合
②人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
③公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要があるとき
④国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

株式会社 坂川労務会計社 代表取締役 坂川 達志
坂川達志 税理士・社会保険労務士・行政書士事務所 所長 坂川 達志


[ 秘密を守る義務 ]
税理士法 第38条
税理士は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た秘密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士でなくなつた後においても、また同様とする。

社会保険労務士法 第21条
開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員は、正当な理由がなくて、その業務に関して知り得た秘密を他に漏らし、又は盗用してはならない。開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員でなくなつた後においても、また同様とする。

行政書士法 第12条
行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。