社会保険労務士業務
社会保険労務士とは?

「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題などに応じる、国家資格です。従来の税務・会計(税理士業務)、許認可申請等の行政手続(行政書士業務)に加え、労働保険や社会保険に関する相談・指導・手続などの社労士業務をすべて当社でおこなえる、ワンストップサービスをご提供いたします。

当事務所に社労士業務を委託していただくメリット
    企業経営に専念できます
  • Photo
    労働・社会保険の事務手続や給与計算などの業務は複雑で毎年改正があるので、正しい処理を行うのは大変な労力を使います。社労士に委託いただくことで、煩わしい事務手続きにかかる時間が大幅に開放され、人件費の削減につながります。
    労使トラブルのリスクを減らします
  • Photo
    毎年、労働関係法令は労働者に有利な改正をしています。経営者や管理者が正しい情報を得ることで、労使トラブルを未然に防ぎます。また、就業規則をはじめとした各種社内規定は、強固に会社を守ります。
    経営を支援します
  • Photo
    法人税の減税が進む反面、社会保障費等の負担分は毎年増加しており、税金、労災保険、雇用保険、社会保険料負担分をトータルに考えることで、労務費の削減を図ることができます。
    税務顧問先のお客様は、低料金でご利用いただけます
  • Photo
    税務会計顧問先のお客様は、税務会計業務と一括して社労士業務を行えるため、社労士業務については2割引、助成金受給申請業務については5割引きでご利用いただけます。ぜひお気軽にお見積りください!