社会保険労務士業務
就業規則・諸規則作成

就業規則は、従業員が10人以上であれば労基署への提出義務がありますので、従業員が10名になって初めて作成をお考えになる経営者もいらっしゃるようです。しかし就業規則は、労基署に提出する為に作成するものではありません。就業規則は会社の憲法です。労働基準法などの労働関係法令は年々労働者保護の色合いを強めており、法律で保護されない経営者は、就業規則で会社を守るしかありません。近年増え続けている未払い残業代請求も、就業規則や賃金規程の不備が原因となっているケースが多いです。当事務所では、オーダーメイドの就業規則を経営者と共に作成いたしますので、会社を守るノウハウ満載の就業規則を通じて、最新の労務知識をお伝えいたします。私どもは、会社経営に不可欠なものとして、経営者側の立場に立った就業規則の作成を強くお勧めいたします。

助成金診断・助成金申請代行
  • 御社にどんな助成金が適用されるか診断いたします。実際の仕事に着手する前の相談は無料ですのでお気軽にご連絡ください。
  • 助成金はほんのわずかな手続きの間違いで受給ができなくなる場合があります。実績のある専門家におまかせください。
労基署調査・社会保険事務所調査対策・立会

労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所の調査が非常に増えています。税務調査に比べ認識が低い場合が多いですが、間違った対応を取ると多大な出費を伴う事もあります。正しい事前準備と、正確な対応が大切です。

社会保険・労働保険手続き代行

企業の管理部門の機能はそのままに、なるべく経費を削りたいものです。そこで、業務のアウトソーシング(外注)が注目されています。めんどうな社会保険・労働保険の手続きは、専門家・社労士にまかせると安心。退職リスクのある社員を雇うより経費節減になります。

給与計算委託相談

給与計算委託相談御社ではきちんと保険料控除ができていますか?入社時・退社時・保険料額の変更時は?賃金台帳を見せていただくと、大体どの会社もどこか間違っています。専門知識を備えていないとなかなか難しいのが給与計算です。給与計算はアウトソーシング効果も高く、従業員に役員報酬を知られる事もありません。ぜひお任せください!

適性検査CUBIC

会社にとって頭を悩ませるのは労働者つまり人に関することです。人を採用するにあたってこんな経験がある経営者は多いのではないでしょうか?

  • 新規採用する時の判断基準が解らない
  • あの人材は、別の部署で活躍するほうが生産性が上がると思うが、会社に証明できない
  • いい人材が、同部署に居着かない
  • 自分の会社にどんな傾向の人材がいて、将来的にどんな傾向の人材を採用すれば良いのか判断基準が無い
当事務所では適性検査(CUBIC)の代行手続を行っています。

※適性検査(CUBIC)には2種類あります。会社の実情に合わせて利用してください

採用適性診断

個人の資質や特性を「性格」「意欲」「社会性」「価値観」などの側面から評価します。一般的な平均値と比較しながら、個人の特性や個性の全体像が具体的に把握できます。また、多年度の受検者や新入社員の傾向を分析することで、年度別の特性比較や将来的に「会社が求め、必要とする人物像」を検討することができます。採用適性診断により個人の性格特性、適性職務、定着・安定性および採用判定をみることができます。

現有社員適性診断

職場における現実の行動面から、個人の適性や能力構造の特徴を客観的に分析します。同時に「仕事に立ち向かう姿勢」や「組織だって仕事を進める能力」なども測定しますので、能力開発を効果的にすすめる補助データにもなります。現有社員適性診断により個人の性格特性、適性職務、価値観および本人自身の自己分析をみることができます。